つわり(妊娠悪阻)っていつまで続く?つわりを軽減する方法は?

つわりは、悪阻(おそ)とも呼ばれ、妊娠初期に妊婦の悩みの1つです。

妊婦の半数以上が経験するといわれ、
特に初産の時は体調も悪く、いつまで続くのか?など
はじめて尽くしで不安になる方も多いです。

つわりの症状も人によってさまざまであり、

吐き気や嘔吐にひどいタイプ
空腹になると気持ち悪くなるタイプ
においに敏感になるタイプ

など

同じつらい悪阻でも、人によって症状が違ってきます。

つわりがなぜ起こるか?の原因については、
はっきりとしたことは分かっていませんが、
妊娠によりホルモンの分泌量が変化することなどが
影響していると可能性があると考えられています。

しかし、人によっては、つわりの症状がまったくあらわれない人もいるため、
ホルモン分泌だけが原因ではなく、様々な要因がからみあっていると考えられています。

いつまで続くか心配になる人も多いですが、
一般的には、妊娠5週から6週ごろに始まり、
12週から16週ごろまで続くとされています。

早い人では、妊娠4週目からあらわれるひともいます。
平均期間は、6週間から8週間程度で、
一般的なつわりのピークは、8週目から11週ごろです。

人によっては、出産まで続く人もいます。

多くの人が16週ごろには症状が落ち着く理由として、未熟だった胎盤が完成し、
ホルモンバランスが落ち着いてくることが要因の一つだと考えられています。
16週以降は安定期と呼ばれ体調も落ち着いてくる時期です。

usnau8zgk6o-nico-beard

つわりを軽減する方法には、食事が重要なポイントになります。

気持ち悪くて食べられなくなることが多いですが、
胃の中に食べ物がないとより症状がひどくなることがあります。

そのため、少量でもいいので食べ物を口にするようにします。

食べる回数は気にせずに、
少量ずつを複数回に分けて食べるようにすると食べられる人も多いです。

基本は、食べられるものを食べられる量で食べることです。

気持ちが悪い時には、調理するのは大変なので、
すぐに食べられるものを常備しておくことです。
フルーツやゼリーなどのさっぱりしたものは食べやすいです。

健康な赤ちゃんのためには、妊娠中の栄養素も重要になります。

特に葉酸は、神経管閉鎖障害の発症リスクを下げるためにも
積極的な摂取が推奨されています。
症状の緩和には、ビタミンB6が有効だとされています。

ビタミンB6は、たんぱく質の多い食事をしていると消費が早まるため、
積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

(妊娠前に、飲酒・喫煙をされていた方も積極的にビタミン補給をオススメします。)

ビタミンB6は、葉酸やビタミンB群などと一緒に摂ることで吸収が高まります。
サプリメントとして摂取する場合には、
過不足量のバランスに配慮しているタイプを選ぶようにします。

症状が強く出ている時には、
安静にしてストレスを減らし、症状がおさまるのを待つことになります。

病院などの治療では、吐き気や嘔吐により水分不足になっていることが多いため、
点滴で水分と少しの糖分を補充することがあります。

また、ビタミン不足にならないようにするためにビタミン類が点滴に含まれていることもあります。点滴を打ってもつわりそのものを治療することはできないため、安静にすることが一番です。


つわり軽減サプリメント

著者
こころからだあんしん マガジン編集部
こころからだあんしん マガジン編集部
こころからだあんしんマガジン編集部では、妊娠中から産後の体の悩みや子育てについての情報発信をしています。
アプリがリリースされました。

マタニティヨガ・産後ヨガ・産後ダイエットの動画アプリ完成!!

テーマごとに見やすく分類されていますので、お役に立てるはずです。
ぜひ、ダウンロードしてみて下さい。
※無料アプリなので、機能面はあまり期待しないで下さい。