妊娠糖尿病

【看護師監修】妊娠中の食事。注意したい糖質の取りすぎ!注意点と糖質吸収を抑える方法

saori
saori

こんにちは、こころからだあんしんマガジン編集部のsaoriです。

妊娠中の食事、我慢するのは体に悪い、2人分食べないといけないから…と言いながら、
食べてしまい、産婦人科の定期検診で「体重増加注意」になってしまった私ですが、なぜあんなにお腹がすくんでしょうね。

自由に食べていると、体重が増えるばかり。
さらには知らず知らずのうちに糖質を取りすぎて、妊娠糖尿病になってしまうと、ママだけでなくお腹の赤ちゃんの健康にも影響を与えることがあります。

そこでこの記事では、妊娠中に注意したい糖質の取りすぎ、妊娠糖尿病ついて、糖質の吸収を抑える方法をお伝えします。

妊娠中の食事、注意する事は何?

妊娠中の糖分とのお付き合いの仕方

妊娠が発覚して、毎日の食事を見直される方も多いと思います。
まずは、妊娠中の食事で注意することをご紹介いたします。

栄養をしっかり取る

妊娠中に栄養不足になると、当然お腹の赤ちゃんにも影響が出ます。
まずは、厚生労働省が発表している必要な栄養についてのおさらいです。

栄養素 推奨量
たんぱく質(妊娠初期) +0
たんぱく質(妊娠中期) +10g
たんぱく質(妊娠後期) +25g
ビタミンA(妊娠初期・中期) +0
ビタミンA(妊娠後期) +80μgRAE
ビタミンB1 +0.2mg
ビタミンB2 +0.3mg
ビタミンB6 +0.2mg
ビタミンB12 +0.4μg
葉酸 +240μg
ビタミンC +10mg
カリウム(目安) 2,000mg
マグネシウム +40mg
鉄(妊娠初期) +2.5mg
鉄(妊娠中期・後期) +15mg
亜鉛 +2mg
+0.1mg
ヨウ素 +110μg
セレン +5μg

赤ちゃんの成長には必要不可欠なビタミン・ミネラル・たんぱく質を
効率よく取るためにもときにはサプリメントも併用しながら調整してみましょう

糖分の取りすぎ何がダメ?

妊娠中の糖分取りすぎは何がダメ?

妊娠中の体重増加は、許容内であれば、問題ありませんが、
太り過ぎについては、出産時の赤ちゃんにも危険があるため、
産婦人科の検診の度に、体重についてチェックをされているかと思います。

そんな中で、糖質は、体重増の原因になりますので、ご注意して下さい。

まずは糖分を取ることで体の中に何が起こっているかをご説明いたします。

糖分を取った後に血糖値が上昇します。

甘い物。これはデザート、フルーツだけに限らず、白ご飯も該当します。

白米は、美味しく食べれるようにするために、改良を重ねてきました。
白米を食べた時の嬉しさは格別ですよね。

でも、実はその分甘くなってきています。

現在、白ご飯1杯を食べるとシュガースティックなんと17本分と言われています。

これを食べた後、腸から栄養を吸収していくのですが、この時に血糖値が上昇します。

糖質は体のエネルギーとして、必要不可欠ではありますが、必要以上食べたものは利用されずに、脂肪として体に蓄積しようとする働きがあります

血糖値の上昇は何がダメ?

血糖値が上がって下がる。
この乱高下の幅が多ければ多い程、太りやすいという研究結果が出ています。

この結果から、血糖値の上昇を抑えて、あがる幅を減らすことで、
体重コントロールができる
ということで、
糖質制限ダイエットなどが流行り始めたのです。

普通の食事をしていても血糖値があがりやすい!!

妊娠が発覚すると、
もともと血糖値が上昇しづらかった人でも、
急に血糖値の乱高下が激しくなる方もいます。

特に、妊娠中は、お腹の赤ちゃんに効率よく糖分を供給するために、
血糖値の上昇を抑えるインスリンの効きが自然に悪くなるため
何もせずに放って置くと、太りやすくなってしまい、
妊娠中に体重注意をされたり、
産後の元の体型・体重に戻りづらくなってしまいます。

妊娠糖尿病とは!?

妊娠糖尿病は、もともと糖尿病の疾患がない人が、
妊娠をきっかけにして糖尿病になることをいい

常に血糖値が高い状態が続くことを指します

妊娠期間中に食欲が増して、
糖分の多いものを制限なく食べていれば、
妊娠糖尿病のリスクをあげてしまうのです。

妊娠糖尿病を予防しなければならないわけ

糖分を気にせずに取り過ぎている方が、
本当にご注意頂きたいのが妊娠糖尿病です

一般的に、妊娠糖尿病は妊娠中に現れるものであり、
出産後は血糖値が正常に戻ることがほとんどです。

妊娠期間中の一時的なものなら、
そのまま放っておいても大丈夫なのでは…?と考える人もいるでしょう。

しかし、妊娠糖尿病はママだけでなく、
お腹の赤ちゃんの健康にも悪影響を与えるものです

妊娠糖尿病による母子の健康リスクには以下のものがあります。

≪ママに与える影響≫

・流産や早産
・妊娠高血圧症などの合併症
・赤ちゃんが巨大児になることで難産になる

≪お腹の赤ちゃんに与える影響≫

・先天奇形、発達障害
・巨大児
・新生児低血糖
・将来赤ちゃんの肥満や糖尿病になりやすくなる

妊娠糖尿病の予防策は?

よく噛んで食べる

妊娠糖尿病を予防するための基本は、食事が基本となります。

妊娠期間中の食事は、それぞれの時期に合わせてエネルギーを増やしつつ、必要なタンパク質やミネラルなどを十分に摂取するようにしましょう。

今までの食べ方では、体重が増えているという方は、
1口30回を目安に、しっかり噛んで食べてみましょう

よく噛むことによって、
顎が鍛えられ、味覚を発達させ、唾液が増え、消化を助けます。
もちろん、満腹中枢も刺激してくれます。

ゆる糖質制限

妊娠中は軽い運動が勧められますが、妊娠糖尿病の改善という点では難しいとされています。

とはいえ、適度な運動は妊娠期間中の適切な体重管理を助けるので、できる範囲で行ってください。

なお、食事と運動を調節しても血糖値が高い状態が続く場合は、インスリンによる治療が必要になります。

過去に妊娠糖尿病である人は、尿糖+になっている方などは、
大至急対策が必要です。

そんな方に食前に飲むだけで、糖質の吸収を抑えることのできる
ノンカフェイン・無農薬桑の葉抹茶ゆるやか習慣です。

桑の葉に含まれる成分DNJは糖質(ブドウ糖)を同じ形をしているため、
食前に飲むことで、胃腸はまずDNJを吸収してくれます。

その後、食べたご飯などは、普段より吸収されませんので、
血糖値の上昇がゆるやかになります。

この活動によって、妊娠糖尿病対策となります。

ゆるやか習慣

すでにインスリン治療などを始めている方は、
主治医の指示に従って、血糖値を適切にコントロールするように努めましょう。

江波明子《ライター紹介》
執筆:江波明子
国立大学看護学部卒業 看護師と保健師の免許取得後は都内の国立病院、市立病院で看護師として従事し、現在は育児をしながら医療専門記事のライターとして活動中
ABOUT ME
こころからだあんしんマガジン編集局
妊娠中のむくみやこむら返りなどの妊婦特有の体の変化、悩みをはじめ、産後、子育て中の悩みにお役に立てる情報を提供できたらいいな。