石鹸×皮膚常在菌が家族みんなの肌トラブルに!

モニター調査でもご満足いただいております

ハイハイをする赤ちゃんの膝が、この石鹸で洗うと柔らかくなっているように感じました

洗顔にも使っていたら肌にうるおいが♪

肌荒れの原因は肌に住んでいる
悪玉菌(黄色ブドウ球菌)でした

お肌には約1,000兆個の
多種多様な菌が存在します。
健康な肌は、善玉菌を中心にこの多種多様な
菌のバランスが整った状態を保っていますが、
ボディソープやシャンプーなどで
洗浄
すると皮膚常在菌のバランスが崩れ、
悪玉菌(黄色ブドウ球菌)が異常に増えて
肌荒れを発症
することが、
研究チームにより突き止められました。

悪玉菌が優位な肌と善玉菌が優位な肌

肌荒れを解決するためには、
悪玉菌を減らすべきと思われがちですが、
実は黄色ブドウ球菌などの悪玉菌は誰の肌にも存在する皮膚常在菌の一種です。

石鹸は善玉菌を含めて他の常在菌まで洗い流す

そのため肌荒れが気になるからといって、
単に悪玉菌を減らそうと念入りに洗っても、
善玉菌を含めて他の常在菌までも洗い流して
バリア機能を低下
させ、肌トラブルを
引き起こしてしまう恐れがあるのです。

皮膚常在菌を意識したケアが大切です

「ママ&ベビーケアソープ」は肌を洗浄しながら常在菌のバランスを整えることに着目した美肌菌スキンケア

ママ&ベビーケアソープができるまで

はじめまして、ここラボの商品開発者の金澤です。

私たちここラボでは、商品開発の際に必ずお客様にモニターとして使っていただいています。
そこで商品に対するご意見に加えて、こんな商品が欲しいというご要望をたくさんいただくのですが、要望として多かったのが「ボティーソープ」でした。

「枠練り石鹸」とは?

しかし後述の通り、敏感肌やトラブル肌にはボディーソープよりも固形石鹸が、また固形石鹸でも「枠練り石鹸」と呼ばれる製造方法で作られたものが、美容成分を約50%と高配合でき肌に一番良いということが分かりました。
一般的に市場に出回っている石鹸は、「機械練り石鹸」という製造方法で作られていて、洗浄成分が約98%となり美容成分を自由に入れることができません。

「枠練り石鹸職人」を探せ!

そうなると絶対「枠練り石鹸」で作りたいと思うのが商品開発魂なのですが、いろいろと調べると「枠練り石鹸」を作れる人は世界でも数少なく、なんと日本には現在たった3人にしか職人がいない!?ということが判明しました。涙
しかも、うち2人はもうご高齢でほぼ引退状態…そうなるともう、日本には1人しかいない!!

石鹸で肌荒れは防げる!by巨匠

紆余曲折を経て、奈良県のあるところに住んでいる巨匠に会うことができました。何度もお会いして、私が持っている疑問、石鹸についての本質的な考え方、そして巨匠の自慢話を聞きながら、試作石鹸が完成!モニター様からお声をお声を頂戴して改良を加えて、やっとの想いで発売できるようになりました。
巨匠は、石鹸で肌荒れは防げる!そう自信満々に話してくれました。

赤ちゃんや子供の肌荒れにも安心の石鹸です

私はこれまで、肌荒れの時にはあまり洗わない方が良いと思っていました。しかし、肌荒れの箇所には黄色ブドウ球菌をはじめとした悪玉菌が増殖してしまっているので、その悪玉菌を石鹸でしっかりと洗い流すことが大切だと改めて実感しました。そして、この『ママ&ベビーケアソープ』は皮膚常在菌を過度に殺さない配合になっており、洗い流した後で仮に石鹸成分が肌に残ってしまっても、善玉菌のエサになります。

そんな、「枠練り石鹸」の巨匠と一緒に作った『ママ&ベビーケアソープ』を一度でも良いのでぜひ試してみてほしいです。

ママ&ベビーケアソープ(80g)らくらく定期便1個コース

お客様の声

カンジダになりやすい体質でした

キメ細かい泡が気持ちいい!

全身これ一つで洗えるのが楽♪

あせもにも体臭にも効果あり!

赤ちゃんや敏感肌さんにも一見やさしそうな洗浄剤…誤解です!

弱酸性などph調整しているものが安心?

石鹸は善玉菌を含めて他の常在菌まで洗い流す

弱酸性やphを調整するための
界面活性剤が使用されているので、
肌への負担は大!

ヒリヒリ

健康な肌はもともと弱酸性の状態を保っています。
汚れや皮脂を落とすために
弱アルカリ性の
やさしい石鹸で洗い流した後は、
すぐに保湿を心がけることで
弱酸性の状態に戻ります。

すぐに保湿をすれば弱酸性に

ボディソープの方が泡立ちやすいし肌にも良いでしょ?

ボディソープなどのボトル式は、肌刺激が強いです。

ボディソープは洗い上がりも
つっぱりにくいことから、
肌にやさしく洗い上げるイメージが
あるかもしれません。

すぐ泡立つからラクだけど…

ボディソープは、界面活性剤を使用しているため
肌の弱い方や子どもの肌には負担が大きいです。
特に合成界面活性剤とは、石油などを原料に
人工的に作られた界面活性剤のことです。
つまり合成洗剤で洗っているようなもので、
洗浄力が強すぎて肌の弱い方や
子どもにとっては刺激になる恐れがある
のです。

裏面の成分表示をチェック!

敏感肌用と謳いながらも、
食器洗い用の洗浄剤と同じ
界面活性剤
が使われいることも...

オーガニックなら安心でしょ?

化粧品におけるオーガニックも法的に明確な基準が定められていません。

オーガニック原料以外にも、
たとえば石油由来の成分などが含まれていても、
オーガニックと表現できる
のです。

オーガニックも色々

オーガニックの化粧品はどれも安心安全で
肌にも良いイメージを持たれがちですが、
「無添加」と同様に商品ごとに内容は異なるので、
肌に合うかどうか吟味が必要です。

固形石鹸なら何でもいいの?

一般的な石鹸は洗浄成分が98%も占めています。

固形の石鹸は、元になる石鹸素地を
他の原料と混合し、練りこみ・成形・乾燥等の
工程を経て製造されます。
その工程は、主に「枠練り法」と
「機械練り法」の2種類
に分けられます。

石鹸素地の割合グラフ

機械練り石鹸とはその名前の通り、
全工程を機械で作るので自由がききません。
私たちの石鹸は、洗浄成分を減らし、
美容成分で敏感肌やお子様の肌をケア
します。

常識と思っていたことが実は誤解だった…!?

洗浄力はやさしく、「皮膚常在菌ケア」に着目した石鹸を選ぶタイミングです!

悪い菌を減らし良い菌を補う!

「ママ&ベビーケアソープ」で赤ちゃんも敏感肌さんも家族みんなですこやか肌になれる4つのポイント

2種類の乳酸菌を配合

ヒト由来乳酸菌とクリスパタス菌を配合

『ママ&ベビーケアソープ』には
人の肌と相性が良いヒト由来乳酸菌を配合
肌をやさしく洗いながら
大切な皮膚常在菌のバランスを整えます
さらに、女性の膣内に存在する乳酸菌の
クリスパタス菌も配合

敏感な肌の赤ちゃんにもやさしい設計です

美容成分を50%も配合

「枠練り石鹸」でもトップクラスの美容成分含有量!

成分や肌へのやさしさを重視するなら、
美容成分、保湿成分がたっぷり入った
「枠練り石鹸」がおすすめです。
また「ママ&ベビーケアソープ」は安心安全な
植物原料をこだわって使用しています。
贅沢な美容成分で潤いを守りながら
肌荒れを起こしている箇所の悪玉菌を
きめ細かい泡でやさしく洗い流します

コラーゲンとはちみつを配合

ハリや弾力を生み出すコラーゲンと肌の水分を補い保つはちみつ

美容成分の王道と言えるコラーゲンを配合
肌の奥にある真皮の主成分で内側から
ハリや弾力を保つコラーゲンで洗いながら、
肌に必要な潤いや栄養が補えます。
さらに、コラーゲンと相性の良い
はちみつも配合

肌の水分保持に欠かせない
天然保湿因子の半分はアミノ酸です。
アミノ酸が豊富なはちみつが、
大切な潤いは残しながらやさしく洗います

安心の6つの無添加

エタノール・パラベン・人工香料・石油系原料・色素・防腐剤無添加

肌トラブルの原因になりやすい成分は
排除しています。
赤ちゃんやお子様、敏感肌でお悩みの方にも
安心してお使いいただけるよう、
やさしさにこだわっています。

ママ&ベビーケアソープ(80g)らくらく定期便1個コース

お風呂上がりの保湿・黒ずみ対策にプラスのケアがおすすめ!「ママ&ベビーケアクリーム」

ケアクリームと一緒に使ってほしい石鹸です

ケアクリームとケアソープを一緒に買うと、とってもお得!

ママ&ベビーケアクリームのページへ

「ママ&ベビーケアソープ」
よくあるご質問

おすすめの使い方を教えてください。
石鹸はしっかり泡立てて使うことをおすすめします。石鹸をきめ細かく泡立てて、直接手が肌に触れないように泡をやさしく包み込むように洗うことで肌へのダメージを抑えられます。また、肌をすすいだ後に洗浄成分が残りにくくなり、乾燥や肌荒れを防ぎます。
はちみつが配合されていますが、新生児の口に入っても大丈夫ですか?
石鹸に配合されているはちみつは、製造過程で加熱処理が行われているので菌が残ることはなく、塗布したものが赤ちゃんの口に入った場合にも、乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性はございません。
ダブル洗顔でメイクも落とせますか?
メイクは普段お使いのメイク落としでしっかりと落とした後、落としきれなかった毛穴の汚れなどをダブル洗顔でやさしく落としてください。
敏感肌にも使えますか?
肌へのやさしさを第一に考え、厳選した原料で作っておりますので、敏感肌の方にはもちろん赤ちゃんにもお使いいただけます。ご心配なお客様は、お顔以外のお肌の柔らかい部分でのパッチテストをおすすめします。
保管方法を教えてください。
石鹸は乾燥している状態で保管することが大切です。泡立てネットに入れたままでは水分が残りやすいため、使用後は泡立てネットから外して、風通しの良い場所などで水分が少ないところに置いてください。