妊娠中のつらい吐き気や嫌悪感・・つわりがひどい時の解消方法とは

つわりは、妊婦さんの約70%は経験すると言われており、
特に妊娠初期のつらい症状の1つです。

妊娠の原因はまだ解明されておらず、仮説が多いのですが、
人間の体の神秘からすると、妊娠中の体をいたわるための1つでは!?
と私は思っています。

妊娠したのに、気付かずにいつもと同じように元気だったりすると、
赤ちゃんの初期段階にとっては、危険。

また、栄養も赤ちゃんに取られていくのに、
元気いっぱいピンピンしてたら、赤ちゃんにとっては危険。

赤ちゃんの初期段階にとって、大切なのがつわりなのかな?と
勝手ながら想像しています。

そんなつわりの対処法としては、
無理をせず、食べたいものを食べる。
遠慮なく、会社を休む。リラックスする。
あとは栄養不足からつわりが起こるという仮説もありますので、
しっかり栄養補給をする。

特にビタミンB6がつわり解消に効果的ですので、
ビタミンB6をしっかり補給する必要があります。

とはいえ、ビタミンB6だけを摂取しても、吸収しませんので、
バランスよくビタミンB群を摂取する必要がありますし、
妊娠中に必要なビタミン量が厚生労働省によって定められていますので、
多く取ればいいという訳ではありませんのでご注意下さい。

厚生労働省 ビタミンB6の推奨栄養所要量
妊婦 1.9mg 授乳婦 2.0mg

葉酸サプリによっては、海外製のサプリメントもあり、
日本人の体には合わないくらいの配合量だったりするものもありますので、
注意して選んで頂けるといいかと思っています。

ビタミンB6 100mgも配合されているサプリメントもあります。
photo-1457954275879-87d67ee5507e
著者
こころからだあんしん マガジン編集部
こころからだあんしん マガジン編集部
こころからだあんしんマガジン編集部では、妊娠中から産後の体の悩みや子育てについての情報発信をしています。
アプリがリリースされました。

マタニティヨガ・産後ヨガ・産後ダイエットの動画アプリ完成!!

テーマごとに見やすく分類されていますので、お役に立てるはずです。
ぜひ、ダウンロードしてみて下さい。
※無料アプリなので、機能面はあまり期待しないで下さい。