妊娠中

【看護師監修】妊娠中に多い貧血の悩みはなぜ起こる?その対策法もご紹介

 

体の変化がみられやすい妊娠中ですが、妊婦さんによくみられる症状に貧血があります。もともと女性のなかには、貧血の傾向がある人も多く、無症状で経過することもあるため、自分では気付きにくいこともあります。そこで今回は、妊娠中の貧血についてお伝えします。

妊娠中に多くみられる貧血の症状

妊娠中のなかでも、貧血がみられるのが、赤ちゃんの体が急激に成長する妊娠中期です。この時期、妊婦健診の採血をきっかけに貧血と診断された人も多いのではないでしょうか。一方で、貧血は妊娠中によくみられる症状ですが、妊婦さん本人が気づかないことも。妊娠中の貧血でよくみられる症状には次のものがあります。

  • ≪妊婦さんによくみられる貧血の症状≫
    ・めまいや立ちくらみ
    ・動悸、息切れ
    ・体がだるい
    ・頭痛
  • 妊娠中の貧血によるリスク

貧血にはいくつかの種類がありますが、妊婦さんに多くみられるのが、体の中の鉄分が不足する鉄欠乏性貧血です。お腹の赤ちゃんにも栄養を届ける必要のある妊娠中は、鉄の必要量が増えるため、体の中で鉄分が不足しやすくなります。また、妊娠中は血液量が増えるため、血液がうすくなることも要因のひとつです。
妊娠中の貧血は、お腹の赤ちゃんが早産低出生体重児で生まれるリスクが高くなるため、日頃から対策を行うことが大切です。

日常生活のなかで貧血対策するには?

妊娠中に鉄欠乏性貧血になると、まずは鉄剤が処方されることがほとんどです。一方で、妊婦さんのなかには、鉄剤が苦手という人も少なくありません。処方された錠剤タイプの鉄剤が苦手でも、シロップなら飲めるという人もいます。鉄剤をスムーズに飲むことができない人は、まずは主治医に相談してみるようにしましょう。

妊娠中の貧血のための食生活

妊娠中の貧血予防のために、レバーなど鉄分の多い食べ物を積極的に取ろうと考えている人もいるでしょう。レバーにはビタミンAが豊富に含まれていますが、妊娠初期に大量に取ると、胎児の奇形のリスクとなります。妊娠中の貧血予防にレバーを食べるのなら、妊娠中期以降がおすすめです。ホウレン草などの葉物野菜やひじきにも鉄分が豊富に含まれているので、バランスよく食べるようにしてください。

ABOUT ME
こころからだあんしんマガジン編集局
妊娠中のむくみやこむら返りなどの妊婦特有の体の変化、悩みをはじめ、産後、子育て中の悩みにお役に立てる情報を提供できたらいいな。