妊娠中

【看護師監修】意外と妊娠中に多い!?高血圧症候群の危険性とは?

 

妊娠前には血圧に異常がなかったのに、妊娠をきっかけに高血圧が現れることがあります。高血圧というと割と身近な病気のイメージがありますが、妊娠中の高血圧は母子の健康リスクがあるものです。そこで今回は、妊娠中の高血圧についてお伝えします。

妊娠高血圧症候群とは?

妊娠高血圧症は、妊娠20週から分娩後12週間までにみられる高血圧や高血圧にタンパク尿がみられる状態をいいます。以前までは、妊娠中に高血圧・むくみ・タンパク尿のいずれかの症状がみられると、「妊娠中毒症」と診断されていました。妊娠中毒症は、ママやお腹の赤ちゃんの健康状態に悪影響を与えるものとされていました。

しかし、最近になり妊娠中の母子の健康リスクにかかわるのものは、高血圧であることが分かり、「妊娠高血圧症」という呼び方が使用されるようになりました。

妊娠高血圧症の診断基準

妊娠高血圧症の原因については、いまだはっきりと分かっていませんが、次のような方はリスクが高くなります。

・持病で糖尿病や高血圧などの生活習慣病のある方、または家族歴のある方
・肥満傾向の方
・高齢妊娠の方
・双子を妊娠中の方
・初産予定の方

妊娠高血圧症による母子の健康リスク

妊娠高血圧症は、妊娠32週以降になることが多いといわれています。一方で、妊娠32週前に発症すると、重症化することがあるので注意が必要です。重症例の妊娠高血圧症になると、以下のようなリスクがあります。

≪ママ側の健康リスク≫
・けいれん発作(子癇(しかん))
・脳出血
・肺水腫
・肝機能障害

  • ≪赤ちゃん側の健康リスク≫
    ・お腹の中での発育不良
    ・胎盤が子宮の壁から剥がれる(常位胎盤早期剥離)
    ・お腹の赤ちゃんの健康状態が悪くなり、最悪の場合死亡するケースもあり
  • 妊娠高血圧症の治療

妊娠高血圧症がみられる場合は、食事療法や薬による治療が行われます。食事療法では、カロリー制限食や塩分制限食(7~8 g)が行われます。お腹の赤ちゃんの状態によっては、帝王切開を行うケースもみられます。妊娠高血圧症は赤ちゃんを出産すれば、多くの場合はママの体の状態もよくなります。一方で、出産後も高血圧がみられる場合は、薬による治療や原因を探るための詳しい検査が必要になります。

 

 

ABOUT ME
こころからだあんしんマガジン編集局
妊娠中のむくみやこむら返りなどの妊婦特有の体の変化、悩みをはじめ、産後、子育て中の悩みにお役に立てる情報を提供できたらいいな。