妊娠すると肌がキレイになるといわれている一方で、肌の乾燥や吹き出物などで悩まされる女性も少なくありません。
肌荒れが起こりやすい時期でもあるのが妊娠中です。

そこで今回は、妊娠中に起こりやすい皮膚トラブルの原因や対策についてお伝えします。

妊娠中に皮膚トラブルがおこる原因

妊娠中の皮膚トラブルの原因には次のものがあります。

・ホルモンバランスの変化

妊娠により増加する女性ホルモンの一つが「プロゲステロン」です。プロゲステロンは、肌あれや便秘など生理前のマイナートラブルの原因としても知られていますが、妊娠を維持するために分泌が増加していきます。
そのため、妊娠中は生理前と同じような肌のコンディションになるため、ニキビなどの吹き出物が現れやすくなります。
また、同時に細胞がむくみやすくなるので便秘になりやすく、肌の水分量が減ることで、乾燥を招いてしまうことも。

・栄養バランスの乱れやストレス

妊娠中は、つわりや食欲の増加などで栄養バランスが悪くなりやすい時期でもあります。
肌に必要な栄養素が不足すれば、肌の美しさにも影響を与えてしまいます。さらに、妊娠による免疫機能の変化や体調からくるストレスなどにより、アレルギー皮膚炎が悪化することも。

妊娠中の肌荒れを予防するための対策

皮膚トラブルが起こりやすい妊娠中は、いつも以上に肌をいたわる生活を行うことがポイントとなります。妊娠中の肌荒れを予防するケア方法には以下のものはあります。

・肌の保湿をしっかり行う

肌本来のバリア機能を高めるためには、肌に十分な水分量があることが大切です。特に、妊娠中は肌が乾燥しやすいので、乾燥肌用のスキンケア用品を利用するのがオススメです。
妊娠で肌がデリケートな状態である場合は、低刺激タイプのものを選ぶと良いでしょう。

・栄養バランスの整った食事を摂る

美しい肌を作るためには、ビタミンだけでなく、良質なタンパク質の摂取も欠かせません。糖分や脂質が多い食事は、ニキビや吹き出物の原因にもなるので、控えるようにしましょう。

まとめ

妊娠中はホルモンバランスなど体の変化により、ニキビや吹き出物などの肌荒れが起こりやすい時期でもあります。妊娠中の皮膚トラブルを防ぐためにも、肌のスキンケアや食生活にも気を配るようにしたいですね。

江波明子《ライター紹介》
執筆:江波明子
国立大学看護学部卒業 看護師と保健師の免許取得後は都内の国立病院、市立病院で看護師として従事し、現在は育児をしながら医療専門記事のライターとして活動中