妊娠中に、うっかり日焼けをしてシミができてしまったという人は少なくありません。実は、妊娠中は紫外線によるシミができやすい時期でもあります。いったんできると、なかなか消えにくいシミは、きちんと予防したいですよね。そこで今回は、妊娠中の紫外線対策のポイントについてお伝えします。

妊娠中にシミができやすい理由

紫外線を浴びると、肌のメラニン色素を作る細胞が活発になり、シミやソバカスができやすくなります。特に、妊娠してからふとしたときにシミが濃くなったり、ソバカスが増えたことに気付く人もいるでしょう。

妊娠期間中は、女性ホルモンの影響シミができやすい時期でもあります。さらに、妊娠中に濃くなったシミは出産後に薄くなることもありますが、そのまま残ってしまうことも少なくありません。紫外線による肌のシミやソバカスを予防したい人は、妊娠中もしっかり対策を行うことが大切です。

妊娠中の紫外線対策のポイント

紫外線対策には、帽子やサングラスなどがありますが、完全に対策できるものではありません。手軽かつきちんと紫外線対策ができるものとしておすすめなのが、日焼け止めです。

人によっては、夏など日差しの強い時期にも日焼け止めを塗るという人もいるでしょう。紫外線は日差しとは異なり、目に見えない光線です。日差しの弱い春先の方が1年の中で最も紫外線が強く曇りなど日差しのない日でも紫外線は降り注ぎます。妊娠中に限ったことではありませんが、紫外線対策を行う場合は、1年を通して行うようにしてください。

妊婦さんも日光浴を取り入れよう

シミやソバカスの原因となる紫外線ですが、適量の日光を浴びること体の健康にもよいことです。近年では、サンバイザーにサングラス、アームカバーなど少し行き過ぎた紫外線対策をする人も見かけるようになりました。日光浴には体内でビタミンDを作り出す効果があるので、1日15分程度は取り入れたいものです。

妊婦さんの極端な紫外線対策を行うと、生まれてくる赤ちゃんがビタミンD欠乏の症状が現われることもあります。妊娠中のシミやソバカスを防ぎたい人は、昼時など紫外線の強い時間帯を避けて木陰などで日光浴を取り入れてみるとよいでしょう。