公共のプールや温泉など、妊婦は控えた方がよいという注意書きを見かけたことのある人もいるのではないでしょうか。注意書きにいわれると、妊娠中の温泉やプールが体によくないというイメージを浮かべてしまいますが、実際のところどうなのか気になりますよね。そこで今回は、妊娠中の温泉やプールに入るときの注意点についてお伝えします。

妊娠中も体の負担がかからなければOK

妊娠中の温泉やプールについてですが、健康な妊婦さんで妊娠初期と後期でなければ、特に問題ありません。むしろ、プールでのマタニティビクスは、水の浮力により体が軽くなるので、妊娠中にも無理のない範囲で行える運動です。以前までは温泉法と呼ばれる法律で、妊娠中の温泉は禁忌に指定されていましたが、近年の調査により、温泉そのものが妊娠中の体に悪い影響を与えるという根拠がないことが明らかになりました。

とはいえ、妊娠中は体の負担をかけないように、温泉での長湯やプールでの激しい運動は控えることが大切です。また、サウナや岩盤浴などは高温でのぼせや脱水が起こりやすいので、避けた方がよいでしょう。

注意すべきは次のポイント!

妊娠中の温泉やプールに入るときには以下のことに気をつけてください。

・転倒のリスク

妊娠中の温泉やプールで注意したいのが、転倒です。妊娠の経過によっては、お腹が大きくなることで、妊娠前よりも体のバランスを崩しやすい状態。温泉やプールなどは床が濡れていることが多く、転倒してしまう危険性もあり切迫流産などの原因になることがあり
ます。

・無理は禁物

妊娠中に温泉やプールを利用する場合は、体に無理のない範囲で行うようにしましょう。特に、温泉やプールでは脱水が起こりやすくなるので、前後で水分補給をしっかり取ることが重要です。

・感染に注意しよう

プールや温泉・銭湯など大勢の人が利用している公共の場では、感染のリスクが生じることを留意しましょう。公共施設のイスやタオルを介してウイルスに感染することもあるので、使用を避けた方が安心です。

まとめ

妊娠期間中の温泉やプールは、時期にもよりますが健康な妊婦さんであれば体に無理のない範囲で行うことができます。妊娠中の温泉やプールに不安がある人は、主治医に確認してみてください。

江波明子《ライター紹介》
執筆:江波明子
国立大学看護学部卒業 看護師と保健師の免許取得後は都内の国立病院、市立病院で看護師として従事し、現在は育児をしながら医療専門記事のライターとして活動中