妊娠するとお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、腰痛を訴える妊婦さんが増えてきます。妊娠中の腰痛は日常生活にも支障がでることもあるため、きちんと対策したいですよね。そこで今回は、妊娠中の腰痛の原因やおすすめの対策についてお伝えします。

妊娠中に腰痛になりやすい理由

お腹の中で赤ちゃんが成長していく妊娠中は、腰痛で悩まされる人も少なくありません。特に、妊娠後期になると大きくなったお腹を支えるために、無意識のうちに背中を反らせるようにしてバランスを取ろうとします。背中を極端に反らせた体勢は、腰の骨に負担がかかりやすく、腰痛が現われるようになります。

一方で、お腹がそれほど大きくない妊娠初期でも腰痛が起こることがあります。これは、妊娠時に分泌されるリラキシンと呼ばれるホルモンによるものです。リラキシンには出産のために靭帯をゆるませる作用があります。靭帯がゆるむと関節が動きやすくなり、結果的に骨盤を中心に痛みが生じるようになります。

妊娠中に腰痛になったときの対策は?

妊娠中に腰痛が現われたときに、症状を緩和させるために毎日の生活の中で工夫したいですよね。妊娠中の腰痛対策には次のようなものがあります。

・骨盤ベルトや専用サポーターを使う
近年、妊婦さんのあいだでも増えている骨盤ベルトや専用サポーター。骨盤ベルトやサポーターには、筋肉や骨を正しい位置に保持する効果があるので、腰痛の予防や症状の緩和に役立ちます。ただし、切迫流産の徴候がある人は、症状が悪化する可能性もあるので、主治医に相談してから使用してください。

・適度な運動を行う
適度な運動は、腰回りの筋肉を強化させるので、腰痛の予防になります。妊娠中は激しい運動は避けて、マタニティビクスやストレッチなど簡単な運動を取り入れるとよいでしょう。

・体重コントロールを行う
妊娠中に体重が増えすぎると、腰への負担が増すようになります。腰痛の予防や症状の改善のためには、適正範囲内で体重コントロールに努めることが大切です。

腰痛がひどい場合は医療機関へ受診しよう

妊娠中の腰痛は程度によっては、日常生活が制限されてしまうことがあります。妊娠による腰痛が当たり前と思わずに、医療機関へ受診するようにしましょう。かかりつけの産婦人科医であれば、妊婦さんでも使用できる湿布薬や痛み止めを処方してもらえます。