便秘知らずの毎日を送っていた女性でも、妊娠中に便秘に悩まされることは少なくありません。妊婦さんのなかには、一定期間排便がみられずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、妊娠中に便秘になりやすい原因や対策についてお伝えします。

妊娠中に便秘になりやすい理由

生理前に便秘がちになる女性は多くいますが、これは女性ホルモンが関係しています。同様の理由で妊娠中も、女性ホルモンバランスの変化により、便秘になりやすい状態です。また、妊娠初期に現れるつわりにより、一時的に食生活が変化することも影響するでしょう。妊娠後期になると、お腹のなかの赤ちゃんも大きくなるので、内臓が圧迫されるようになります。すると、腸などが本来の機能を発揮しにくくなるので、便秘になりやすくなります。

妊娠中の便秘対策

身近な健康問題である便秘ですが、早めに対策することが大切です。妊娠中の便秘は、不快な症状が増すだけでなく、排便時のいきみのために痔になりやすくなったり、腸が閉塞して重症になるなどの危険性もあります。毎日の生活の中で、便秘対策をするのには以下のものがあります。

・十分な水分と食物繊維の豊富な食べ物をしっかり取る。
・適度な運動で、腸に刺激を与える。
・朝のトイレタイムなど、排便リズムを整える。
・ヨーグルトなどの乳酸菌など、腸内の環境を整える食品を取り入れる。

妊娠中は便秘薬を使用しても大丈夫?

薬はNGという強いイメージのある妊娠期間中ですが、下剤などを含めて妊娠中でも服用な薬があります。妊娠中でも安心して飲める下剤が、酸化マグネシウム。このお薬は、腸内の水分を吸収して、便を柔らかくする作用があります。

ただし、下剤のなかには、腸を直接刺激するタイプのものなど、妊娠中は禁忌の薬もあるので、自己判断で下剤を使用するのはおすすめできません。

生活習慣を工夫しても便秘に悩まされている妊婦さんは、かかりつけの産婦人科に相談して、薬を処方してもらうようにしましょう。

まとめ

妊娠中はさまざまな原因により、便秘になりやすく期間です。身近な健康トラブルである便秘ですが、放っておくと重症化するリスクもあります。妊娠中の便秘を予防するためにも、日常生活の中で対策を行っていきたいですね。

江波明子《ライター紹介》
執筆:江波明子
国立大学看護学部卒業 看護師と保健師の免許取得後は都内の国立病院、市立病院で看護師として従事し、現在は育児をしながら医療専門記事のライターとして活動中