仕事や買い物などの移動手段に自転車や自動車を利用している妊婦さんは多いでしょう。
妊娠中はお腹にも振動を与える自転車や自動車の運転をしても大丈夫なのか気になりますよね。そこで今回は、妊娠中の自動車や自転車の運転時のポイントについて説明します。

健康な妊婦さんなら自動車の運転できる

妊娠中の車の運転は、順調に妊娠経過であればお腹の赤ちゃんに影響を与えることはありません(切迫流産と診断された人は、運転を控えるようにしてください)。ただし妊娠中は疲労しやすく瞬発力の低下から判断力が遅れてしまう可能性もあります。妊娠中に車の運転をする場合は、長時間に及ばないようにしましょう。

また、車の運転をするときは、スピードを落として安全運転を心がけましょう。後方車からあおられるのが怖いという人は、車の後ろにステッカーを貼るのもおすすめです。

運転中のシートベルトの着用は?

妊娠中のシートベルトの着用は、お腹の赤ちゃんを締め付けてしまうのでは?と考える人もいるでしょう。車の運転をする妊婦さんのなかには、シートベルトを着用しない人もときどき見受けられます。妊婦さんの運転中のシートベルトについては、法律で強制させるものではないことも要因のひとつと考えられます。

運転中に万が一事故に遭う可能性がゼロではありません。妊婦さんでも車の運転中はしっかりシートベルトを着用しましょう。妊娠中のシートベルトは、ベルトが両胸の間を通るようにし脇へ流すようにすると、お腹を圧迫せずに装着することができますよ。

妊娠中の自転車はOK?

通勤や買い物などちょっとした移動に便利なのが自転車です。妊娠中の自転車ですが、車の運転と同様に健康な妊婦さんであれば、特に影響を与えるものではありません。むしろ、アメリカでは自転車は妊娠中の有効な有酸素運動として推奨されているほど。

ただし、妊娠経過が進んでお腹が大きくなると、体のバランスを崩しやすくなり、転倒する危険が高まりまるので注意しましょう。妊娠中の自転車に乗るときには雨の日は避けて、スピードを出さずに安全に乗るようにしてください。

江波明子《ライター紹介》
執筆:江波明子
国立大学看護学部卒業 看護師と保健師の免許取得後は都内の国立病院、市立病院で看護師として従事し、現在は育児をしながら医療専門記事のライターとして活動中