妊娠中についつい甘い物に手が伸びてしまう人も多いでしょう。妊娠中に糖分を取り過ぎると妊娠糖尿病になり、ママだけでなくお腹の赤ちゃんの健康にも影響を与えることがあります。そこで今回は、妊娠中に注意したい妊娠糖尿病ついてお伝えします。

糖分の取り過ぎで妊娠糖尿病になることも

体重増加のほかにも、糖分の取り過ぎで注意したいのが妊娠糖尿病です。

妊娠糖尿病は、もともと糖尿病の疾患がない人が、妊娠をきっかけにして糖尿病になることをいいます。糖尿病は血糖値が高い状態が続くことを指しますが、血糖値を下げるホルモンにインスリンがあります。
特に、妊娠中は、お腹の赤ちゃんに効率よく糖分を供給するために、インスリンの効きが自然に悪くなるのがふつうです。つまり、ふつうの食事をしていても血糖値が上がりやすくなるということ。

妊娠期間中に食欲が増して、糖分の多いものを制限なく食べていれば、妊娠糖尿病のリスクをあげてしまうのです。

妊娠糖尿病を予防しなければならないわけ

一般的に、妊娠糖尿病は妊娠中に現れるものであり、出産後は血糖値が正常に戻ることがほとんどです。妊娠期間中の一時的なものなら、そのまま放っておいても大丈夫なのでは…?と考える人もいるでしょう。しかし、妊娠糖尿病はママだけでなくお腹の赤ちゃんの健康にも悪影響を与えるものです。妊娠糖尿病による母子の健康リスクには以下のものがあります。

≪ママに与える影響≫
・流産や早産
・妊娠高血圧症などの合併症
・赤ちゃんが巨大児になることで難産になる

≪お腹の赤ちゃんに与える影響≫
・先天奇形、発達障害
・巨大児
・新生児低血糖
・将来赤ちゃんの肥満や糖尿病になりやすくなる

妊娠糖尿病の予防策は?

妊娠糖尿病を予防するための基本は、食事が基本となります。妊娠期間中の食事は、それぞれの時期に合わせてエネルギーを増やしつつ、必要なタンパク質やミネラルなどを十分に摂取するようにしましょう。

また、妊娠中は軽い運動が勧められますが、妊娠糖尿病の改善という点では難しいとされています。とはいえ、適度な運動は妊娠期間中の適切な体重管理を助けるので、できる範囲で行ってください。なお、食事と運動を調節しても血糖値が高い状態が続く場合は、インスリンによる治療が必要になります。

すでに妊娠糖尿病である人は、主治医の指示に従って、血糖値を適切にコントロールするように努めましょう。

江波明子《ライター紹介》
執筆:江波明子
国立大学看護学部卒業 看護師と保健師の免許取得後は都内の国立病院、市立病院で看護師として従事し、現在は育児をしながら医療専門記事のライターとして活動中