こんにちは。先日、キャサリン妃が妊娠中のつわり時に、ジンジャーが入ったクッキーを食べたという記事を見ました。
英国ではジンジャーがつわりに効くといわれているようです。

ちなみに、ジンジャークッキーはそれほど効果を感じられなかったそうですが・・国によって妊娠中に勧められる食べ物やジンクスがあるのって面白いですね。
今回、香港・アメリカ・タイ・ブラジルに伝わる妊娠中に食べるといいといわれる食べ物にまつわるジンクスを紹介します!

【香港】

鶏肉・豆腐
香港では肌が「白くなるように」と白いものを食べるといわれているそうです。

【アメリカ】

ジンジャエール(などの炭酸飲料)・クラッカー
つわり時にいいといわれているそうです。炭酸というのがなんだかアメリカっぽいですね!クラッカーにはプルーンを乗せると良いそうです。

【タイ】

ココナッツウォーター(ジュース)
こちらも香港と同じような理由で、肌の綺麗な子が生まれるというジンクスでココナッツウォーターを飲むといいとされているようです。

【ブラジル】

(タイと同じく!)ココナッツウォーター
ブラジルでは、羊水を綺麗にするといわれているようです。

いかがでしたか?
国によって全然違ったり、共通して同じものが挙げられていたりと面白いですね。日本ではつわり時にレモンや梅干しなどの酸っぱいものが欲しくなったり、つわりに良いと聞きますが、症状や効果を実感できるのは人それぞれ・・もしかしたら人によっては海外で勧められている食材がしっくりくるかもしれませんね!