妊娠すると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるという人が少なからずいます。
薬の使用が制限されている妊娠中は、体調管理をきちんと行うことが大切です。この記事では、妊娠中の風邪やインフルエンザの対処方法や予防についてお伝えします。

妊娠中は免疫力が下がりやすい

妊娠中は免疫が下がりやすくなることで知られています。というのも、お腹の中にいる赤ちゃんは、母体にとって
異物となるため免疫が抑制されるようになります(免疫寛容)。

このため、妊娠をすると普段よりも風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるといわれています。

妊娠中に風邪を引くと、赤ちゃんに影響はある?

妊娠中の風邪を引いても、お腹の赤ちゃんも風邪を引くというわけではありません。
しかし、熱で自然と脈拍が上がったり頻回な咳で子宮が収縮しやすくなるなど、
赤ちゃんの負担になる可能性もあります。

また、妊娠中に注意したいのがインフルエンザです。
妊婦さんがインフルエンザにかかると重症化しやすいため、症状が現われたらすみやかに医療機関を受診することが大切です。

妊娠中の風邪やインフルエンザの治療は?

妊娠中の薬を使用すると、赤ちゃんの奇形の原因になることは多くの人がご存知かもしれません。
一方で、風邪やインフルエンザの治療に使用される薬の中には、妊娠中でも使用できるものがあります。

妊娠中に体調を崩したときは自己判断で薬を利用するのではなくかかりつけ医に相談してから、薬を使用するようにしましょう。

また、妊娠中でもインフルエンザワクチンの接種も可能です。妊娠が分かったらワクチン接種を受けることも検討してみてください。

妊娠中は感染症の予防が大切

妊娠中の風邪やインフルエンザを予防するのには毎日のケアが大切です。

・毎日手洗いやうがいを行って感染症の予防を行う。

・インフルエンザのシーズン中は、人ごみなど感染リスクが高いところは避けるようにする。
・十分な栄養と睡眠を取り、体の免疫力を保つようにする。

まとめ

妊娠中の免疫システムにより、妊婦さんは風邪やインフルエンザに
かかりやすくなります。妊娠中は薬の使用が制限されるため、

毎日の予防ケアに努めるようにしましょう。

江波明子《ライター紹介》
執筆:江波明子
国立大学看護学部卒業 看護師と保健師の免許取得後は都内の国立病院、市立病院で看護師として従事し、現在は育児をしながら医療専門記事のライターとして活動中