妊娠すると、周りの人から「お腹に赤ちゃんがいるのだから、2人分食べなさい」といわれる方も多いのではないでしょうか。妊娠中の食べ過ぎにより肥満になると、母子の健康リスクを上げる原因になります。

そこで今回は、つわり後の体重管理ポイントにについてご紹介します。

■つわり後は体重の増加に注意

妊娠初期につわりで食欲がなかった方も、安定期に入りつわりが落ち着いてくると自然に食欲も増すので、食事量が増えるようになります。しかし、ここで「赤ちゃんの分までしっかり食べよう」と食欲にまかせて食べ過ぎると妊娠中の肥満を引き起こす原因になってしまいます。

妊娠中の肥満は、産道に脂肪がつくことで難産になりやすくなるだけでなく、妊娠糖尿病など母子の健康リスクにも影響を与えるものです。

 

■妊娠中の体重増加の目安

自然に体重が増える妊娠中ですが、妊婦さんの体型別に妊娠中の体重増加の目安は以下のものになります。

・やせ気味の女性(BMI 18.5以下) 10~12㎏の体重増加
・普通体型の女性(BM 18.5~25)  7~10㎏の体重増加
・太り気味の女性(BMI 25以上)  5㎏または個別対応
※BMIの算出方法 体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)

以上を見てみると、妊娠といってもそれほど体重を増やすわけではないことが分かります。実際に妊娠で増えるべき体重の内訳は、以下のように合計7㎏程度で、残りの体重増加は脂肪ということになります。

・赤ちゃん      3㎏
・胎盤        0.5㎏
・羊水        0.5㎏
・妊娠による血流増加 2~3㎏

■つわり後の体重管理のコツ

妊娠中の肥満予防が大切なことと分かっていても、実際に体重管理をするのは難しいという方もいるでしょう。ここでは、妊娠中の体重管理のポイントについて説明します。

・1日3食バランスよく食べる

食欲が増す妊娠中は、ついつい甘い物や油っぽいものを食べたくなる人も多いでしょう。妊娠中は、栄養バランスの整った食事を取ることが大切になります。主食、タンパク質の副菜、野菜の副菜を意識して食べるようにしましょう。

・毎日適度な運動を取り入れる

妊娠中の運動は、体重管理に役立つだけでなく分娩に必要な筋肉を鍛えることにもつながります。妊娠中も体調に合わせて、有酸素運動やマタニティエクササイズを取り入れるようにしましょう。

 

■まとめ

つわり後は食欲が増し、体重が増加しやすい時期です。妊娠中もバランスのよい食生活や運動を取り入れながら、適切な体重管理を行っていきましょう。

 

江波明子《ライター紹介》
執筆:江波明子
国立大学看護学部卒業 看護師と保健師の免許取得後は都内の国立病院、市立病院で看護師として従事し、現在は育児をしながら医療専門記事のライターとして活動中